政策形成のための情報分析研修実施要領 PDFPDFはこちら

1 目的

行政が置かれている現状を認識し、社会や環境の変化・地域の特性に応じた政策をつくるために押さえておくべきポイントを学び、政策形成にかかる知見を広げます。

2 対象者及び定員

採用4年目以降の職員  48名(各回24名) 

3 実施期日

第1回 令和4年 9月27日(火)、28日(水)

第2回 令和4年10月18日(火)、19日(水)【オンライン】

4 研修内容及び時間

別紙日程表(PDFファイル)のとおり
PDF第1回  PDF第2回

5 会場

【第1回】
愛知県自治研修所 7階 701教室
名古屋市中区丸の内二丁目5番10号 電話(052)223-3905

PDF案内図
【第2回】
オンライン研修

6 その他

・事前学習課題はありません。
・研修期間中は、所属団体で使用している名札を着用してください。
・申込みの際に、「10 その他」欄にオンライン研修になった場合に参加できるかどうかを記入してください。
 ※オンライン研修については、実施要領をご覧ください。


担当者からのコメント

政策形成のための土台となる情報分析に重点を置いた研修です。情報の見方・捉え方から学んでいきましょう。(清水)

受講者からのコメント

・データをこれまで漠然と分析していましたが、定量的・定性的に分析し、仮説思考や論理思考を取り入れることで、必要なデータの収集や分析の仕方を学ぶことができた。

・情報の種類から分析の方法、バイアスと一通り網羅されており、適宜演習があるため実践のイメージが浮かびやすかった。

page up