地方自治法研修~事例から学ぶ地方自治法~実施要領 PDFPDFはこちら

1 目的

事例や課題を通して地方自治法の理解を深め、職務遂行の場において、法解釈と運用ができる能力の向上を図ります。

2 対象者

地方自治法について理解を必要とする職員 100名 

3 実施期日

令和4年8月18日(木)~19日(金)

4 研修内容及び時間

別紙日程表(PDFファイル)のとおり

5 会場

愛知県自治研修所 8階 講堂
名古屋市中区丸の内二丁目5番10号 電話(052)223-3905

PDF案内図

6 事前提出課題

 様式「地方自治法事前課題」をダウンロードし、令和4年7月22日(金)までにEメールにて研修センターへ提出のうえ、研修当日に1部持参してください。で送付してください。

 なお、Eメールで提出する際には、ファイル名を「【団体名 氏名】地方自治法事前課題」としてください。

 (送り先)

 公益財団法人愛知県市町村振興協会研修センター  担当:柴橋

 Eメール as.kenshu@a-kenshu.jp

7 その他

・「自治六法」又は「地方自治小六法」(最新版が望ましい)を持参してください。
・名札については所属団体のものをお持ちください。


担当者からのコメント

地方公務員の基本法です。現在、そして今後の職務にも活用していけます。 (柴橋)

受講者からのコメント

・短い講義時間の中で実際にあった事例や判例を元に考察等をしてもらい、大変聞きやすい講義であった。また、パワーポイントで資料を用意してもらい、法律の示す意味を視覚的にとらえることもできたので理解がすすんだ。
・地方自治法の解釈について事例を交えて説明して頂けたので、とても分かりやすかったです。また、地方自治法と日本国憲法など他の法律との関係性や、地方自治が確立された背景についても、関係図等を用いてしっかり説明して頂けたので、地方自治法への理解を深めるとともに、地方自治について考える良い機会となりました。

page up